TOPへ戻る
決算対策の種類といっても数多くありますが、単なる税金の減額のみならず、企業防衛のための「含み資産の形成」が可能となる決算対策とは、以下、5要素を兼ね備えた決算対策です。
1.  全額損金が税法上認められているもの
2.  不確定要素(=変動)が無く、確実に「含み資産の形成」が可能なもの
3.  単なる経費の出費ではなく、内部留保できるもの
4.  資金が凍結されず、必要なときに活用できるのも
5.  流動性資産として現金化できるもの
現行、以上の5つの要素すべてを満たすような決算対策方法を検討してみると、意外なことに“保険”しかありません。“保険”と聞いて「なんだ、保険か」と思われる方も多いことでしょう。でもちょっと待ってください!“保険”ほど税制上優遇され、「節税=納税額の軽減」と「含み資産の形成」等が同時に実現できる手段は、他のどこを探しても無いのです。

“保険”を活用した決算対策を行うという話は、一度は耳にしたことがあることと思いますが、実際に活用した場合、いかほどの効果があるかをご存知の方はまだまだ少ないのではないでしょうか。少し具体的に申し上げますと・・・


既に保険を活用されている方へ 保険を活用されていない方へ “保険”というだけで
毛嫌いしていませんか?
その保険は会社の目的に合致していますか?加入時のみならず、その後のメンテナンス・フォローをきちんとしてくれる方から加入していますか?
保険を活用されているA社様と、活用されていないB社様では5年後、10年後に一体どのくらいの差が出てしまうのかご存知ですか?
繰返し述べさせていただきます“保険は優れた金融商品です”
一度、その効果をご覧になって下さい。
下記の項目に該当する方や“保険”を活用した決算対策についてもっと詳しくお知りになりたい方は
『無料特別資料』の請求又は『無料相談室』 よりお問合せください。
  • 保険を活用した場合と、活用しない場合とではそんなに差があるのか?
  • どのような保険へ加入したら良いのか?
  • 現在加入している保険は本当に会社の為になっているのだろうか?
  • どこの保険会社の商品が良いのか?
  • 保険へ加入する際に注意すべきことは?!
  • 具体的な効果は?数字で知りたい方!
  • 既に、別のところから保険を勧められているが、それとどこが違うのか?
  • 利益は出ているのだけど、支払える保険料が無いという方!
  • 今年はいいのだけれど、来年以降の保険料支払が不安だ!
 
 
運営会社概要プライバシーポリシー Copyright© 2005 マネーライフ・サポートスクウェア. All Rights Reserved.